これはいらない、住宅設備

新築住宅の設備ですが、
営業マンの勧めに流されて安易に決めていませんか?

以下のような設備については
むしろ不要だということを、今回はお伝えしたいと思います。

まず、リビング階段です。

リビング階段は最近の流行りでもあり、
スタイリッシュでオシャレな感じがしますよね。

スケルトン階段にしたりなど
階段は目につくため、来客があっても目をひくでしょう。

ですがデメリットとしては、冬に寒いということが挙げられます。
一階はオープンスペースとなってしまうため、
暖気は二階に流れてしまいます。

また、一階も二階も中途半端に暖かくなってしまうため
無駄に電気代をつかってしまうことに繋がります。

加えて、プライバシーが守りにくい点や
音が響いてしまう点が挙げられます。

集中したい環境に身を置きたいときには
逆に迷惑になってしまう設備でもあります。

それからお風呂の窓ですが、
一見解放感があって、湿気もたまらないように感じられます。

ですが、実際は窓があることで結露がたまりやすく、カビの原因になります。
ですので、余計な掃除の手間が増えることになります。

窓があることで冷気が入り込んでしまうので、
断熱性が下がってしまいます。

また、窓の外につけるシャッターも
近頃ではオプションになっていることが多く見受けられます。

最近の窓は、窓自体が優秀で、窓がシャッターの代わりになっています。

割れても飛散しにくく、台風などの防災にも効果があります。

防犯ガラスは一枚あたり3万~5万円です。

普通のシャッターだと一か所あたり8万~15万円になるので、
防犯ガラスにするとかなり安上りとなります。

窓は家には当然いくつかあるものと予想されるので、
窓にシャッターをつけるか防犯ガラスを取り入れるかによって
金額面に大きな差が出てきます。

では、小あがり和室はどうでしょうか?
小あがり和室とは、床面に高さを設けて小上がりになった
和室のことを指します。
立体感のある空間を演出でき、魅力のある空間を作り上げることができます。
ですが、ロボット掃除機では掃除が部屋全体まかなえないため、
時短家事ですませたい方にとっては、手間増えることになります。

また、畳はダニが繁殖しやすいので、アレルギーリスクもあがります。
高低差があるため、つまずいたり、落ちたりする危険性もあります。
金額的には、3畳で15万ほどかかります。
ここも、設備として取り入れるかどうかは検討の余地がありますね。

それから、屋根裏収納(天井と屋根の間のスペース)について
考えてみましょう。

ここのスペースは、建築基準法では
最高でも高さは1.4メートルなので、
大人はしゃがまないと使えません。

狭い空間にはしごなどを使って、物を運ぶのは骨が折れてしまいます。
また、夏場は非常に暑くなってしまう空間でもあります。
子供が遊ぶには、熱中症対策が必ず必要です。
断熱材をいれたりなど、
対策を施すことで快適に過ごせるようになりますが、
金額もその分アップするため、本当に必要か見当が必要ですね。

では、天窓(屋根に取り付けられた窓)はどうでしょうか。
隣の家が気になるくらい密集している地域では、
日当たりがとれるところに窓が設置できないケースがあります。
こういった場合に天窓をつけるケースがあります。

一つの窓を設置すると、普通に壁にある窓の3倍の光が入ってきます。
ですが、裏を返せば日当たりが良すぎることに繋がります。
夏の直射日光はきつく、
窓周りの目地などの劣化も早くなります。
また、家の中でも高いところにあるため掃除が大変です。

それから、見た目が豪華に見えるウッドデッキ。
ウッドデッキはは洗濯物を干したり、
子供が遊ぶスペースができたり
またバーベキューを楽しんだりできるなど、
利点もたくさんあります。

ですが、こまめなメンテナンスが必須です。
これを怠るとウッドデッキが腐ってしまいます。
また、ウッドデッキ自体使う季節が限られるのも難点です。

まずは使用用途を明確にして、あまり使う頻度もなさそうならば
他の外構に予算を回したほうが賢い選択といえます。

このように、良いオプションかどうかはその人しか
判断できません。

以上を参考に、建てる家がローコストにつながる
選択ができているのか、考えるきっかけにしてみてください。

これで建つ!ローコスト住宅

ローコスト住宅では心配と思う方は多いようです。

どういった部分が心配なのか、
それはデザイン性や見た目がチープな印象であることかもしれません。

そういったケースのほとんどは、
基本の設計を営業マンが担当するために
チープな印象を与えてしまうのでしょう。

ローコストを建てようとするときには、
その担当営業マンの過去の設計の事例をみるのも
一案です。

他にも、費用をおさえるための
具体的な事例は、以下のものが参考になるはずです。

平屋か二階建てかに迷ったときには、
二階建てを選びましょう。

基礎や屋根の面積の少ないのは二階建てです。

二階建てにすることで、建築費用が抑えられます。

しかし一方で、20坪程度の小さな平屋なら
1000万円以下で建てることも可能です。

こういった小さな平屋には、
高齢のご夫婦が住むようなケースが考えられますね。

また、屋根は勾配が緩やかな
切妻屋根を選ぶと良いでしょう。

そして、屋根材も軽いものを選びましょう。

住宅の形としては、
正方形のキューブ型の住宅も、部材が少なくて済みます。

キューブ型の住宅だと、工期も短くなるため人件費が抑えられるという
利点もあります。

部屋数は少な目が理想です。
なぜなら、部屋数が増えるほど、壁やドアや窓も増えるため、
その分建築費用がかさんでいってしまうからです。

そして、リビングは二階に配置することもお薦めです。
一階に広いLDKがあり、
柱や耐力壁(建物強度を保つために配置する壁)が二階よりも
少ないと耐震性が低くなるためです。

また、天井は低くします。
そうすることで、費用を抑えることができます。

天井が低いと空間が狭く感じられるかもしれませんが、
寝室や子供部屋は、天井が低いと落ち着きのある空間に
感じられるので、使用する部屋の用途を選んでもよいですね。

そして、窓ですが大きな窓はなるべく作らず、少な目に検討します。
室内の暑さ、寒さは窓の性能に左右されるためです。
窓が少なくなる分、カーテンなども用意することもなくなり、
コストダウンにつながります。

また、キッチンの設備や照明器具は自分たちでそろえると
さらにコストダウンが可能となります。

ただ、断熱性や耐震性、施工精度について
一般の人が、その良し悪しを判断するのは正直難しくもあります。

ホームインスペクションを利用したり、
耐震診断、断熱性能等級などを参考にし、
耐震性や断熱性など基本構造はしっかりと
したものを選びましょう。

自分たちの住む家に本当に必要なものは何か?
それを見極めてローコスト住宅を選びましょう。

ローコストでこだわるべき箇所とは?

日本の一般的な性能や仕様の住宅は、
欧米に比べると、断熱性能が低かったり耐震性もあいまいとなっています。

現在、住宅を作る環境はどうなのでしょうか?

木材の不足や、鉄鋼、原油価格の高騰、
ウッドショック(木材の価格の高騰)や円安のため、
仕入れ価格が上昇しています。

建築資材の値上がりによって、
住宅を作る環境は年々悪くなっている状況です。

加えて近未来には、住宅ローンの金利も上昇すると予想されています。

こういった状況下で、
ローコスト住宅を検討する人も増えてきています。

ローコスト住宅を検討する際、
ここに気を付けて検討してみてください。

まず、チラシなどに記載してある表示。

例えば、坪単価30万円~とかいてあっても
これはあくまでも、本体価格を表していることが多いです。

私たちの生活に実際に必要になってくる
最低限のものは、含まれていない場合があります。

ここは確認が必要なポイントです。

うまい話にすぐに飛びつかないことです。

そして、実はローコスト住宅においては、
注文住宅も建築可能です。

その際には、いくつか工夫の必要もあります。

部屋数を少なくしたり、
ユニットバスなどの費用を抑える。

また、部屋の配置や動線を考えた間取りについては
意識したことはありますか?

設計の人件費をおさえている会社だと
間取りを作る人間が設計に携わる者ではない場合もあります。

そういった場合、こちら側の対応としては、
家の形や廊下や階段の位置など、
なるべく無駄なスペースをつくることなく
動線のよい間取りをつくってもらえるように
頼んでみることが大事です。

そして、本当に必要なものを見極めること。

実際の生活の中で、
光熱費やメンテナンス費用が家計を圧迫することがないようにしたいですよね。

例えば同じ設備でも、安く済ませてもよいもの、
お金をかけたほうが後の暮らしが快適になるものがあります。

初期費用が高いからという理由で、
別の部分にお金をかけてしまうと、、
後々メンテナンス費用が余計にかかったりしてしまうことも。

ここで具体例を挙げていきましょう。

暑さ寒さに影響の大きい窓。

こちらは機能性の高い窓枠とガラスを選ぶと良いでしょう。

国内の住宅で多く使われている、
アルミサッシに短板ガラスの窓は、窓から熱が出入りするため
夏は暑く冬は寒くなってしまいます。

こういった窓を使うと、光熱費が高くなり、後悔する原因になります。

全ての窓への採用が難しい場合、
リビングなど日々の暮らしに家族が多く使う個所に採用するのも
良いかと思います。

また、玄関ドアについても同様、
こだわりをもって選んでみましょう。

また、屋根についても、なかなかお金がかけられない部分だと思いますが
劣化しやすい目地や屋根の塗料などには
なるべくこだわることが大切です。

ローコストで設計

今やローコスト住宅といえども、大手ハウスメーカーが
供給する住宅と変わらなくなってきました。

だから、間取りや仕様、設備にこだわるお客さんが増えてきているのですね。

ですが、ローコストにはこんなイメージはありませんか?

規格も決まっていて設計の自由が利かない、
また安全性にも不安がある。。

実はそうではないのです。

今、現状のローコスト住宅はどのようになっているのでしょうか。

ローコスト住宅には
間取りなどにプランがある規格住宅の商品があります。

これには理由があり、間取りと建物の価格が決まっていることで、
設計のコストがおさえられるのです。

でも実は、ローコスト住宅において
企画住宅を選ぶ人は多くありません。

自由設計でも
十分ローコストで建てられるので、
今では自由設計を選択する人は多くいます。

大手のハウスメーカーは、ローコストに比べ価格が高いため、
規格住宅にプランをもっていき、
安い価格にして提供してることが多いのです。

また、設備の範囲については
大量に同じ商品を発注すれば、確かに安くて済みます。

ですが、ローコストはそもそも住宅自体が安いので
設備に投資したとしても
意外とトータルコストは安く済んでしまうものなのです。

実際の設備の選び方というと、ショールームへ行き
自分の好みの設備を選んで、
それを住宅にもりこむ形です。

そのほか住宅のこだわり部分というと、
太陽光発電を採用したり、木材を床に使ってみたりと、
オプションは多種多様です。

今は、設備にこだわって住宅を建てる人が増えてきています。

また、建物を構成する建材も品質があがってきています。

それでも、ローコストに不安がある方には、住宅性能評価を受けてみることを
お薦めします。

住宅の性能は、ハウスメーカーそれぞれ特色があります。

目でみてわかりにくい性能をあらわすものとして、
住宅性能評価というものがあります。

これは、10の項目で住宅の性能を比較できるものです。

①構造の安定、
②火災時の安全、
③劣化の軽減に関すること
④維持管理、更新への配慮に関すること
⑤温熱環境に関すること
⑥空気環境に関すること
⑦光・視環境に関すること
⑧音環境に関すること
⑨高齢者等への配慮に関すること
⑩防犯に関すること

評価を受けた設計図面どおりに施工されているか、
第三者による現場の検査がされるので
安心して住宅を購入することができますね。

この住宅性能評価では、耐震性能と省エネ性能に差が出やすいのです。

耐震等級、省エネルギー対策等級といったように
等級が分かれているので、数字で
住宅を評価することができます。

等級が大きい数字ほど性能がよいので、参考にされると良いでしょう。

今では、耐震等級3や、省エネ等級4をクリアしている会社が増えつつあります。

安く建てても、省エネ性能が悪いと
実際のところランニングコストがかかってしまいますね。

そうなると、建てるのなら省エネ住宅のほうがよいと言えます。

ローコスト住宅での住まいづくり、
楽しんでみませんか?

国産木材を使うこと

日本においては、建築に使われる木材の大半を
輸入に頼っている現状です。

また、現在では外国産の木材と価格競争ができる
水準になっていますし、今後も競争は激しくなるかと
予想されます。

林業が成り立たないとなると、人工林の荒廃につながり
それによって、森林では草も生えず土地はやせてしまい、
川にも栄養がいきわたらなくなってしまうという、
負の連鎖に陥ってしまいます。

また、スクラップアンドビルドを繰り返したため、
建設関係の廃棄物は家庭ごみをはるかに上回る量となり、
いまや日本列島はごみの列島となってしまっているのが
現状です。

そして、近年つくられている多くの木造住宅においては
外国産のベイツガ、ベイマツが多く使われています。

一般に、外国産のものは国産と比べると
安いと言われてはきましたが、
やわらかさや強度、耐久性の面では著しい低下がみられます。

海外からの長い旅に耐えられるように
薬品を注入したり、接続部分に金物を多く使ったりして
補強している状態です。

こういった薬品処理がされていると、木の香りも感じられません。

国産木材を使って、健康面のことを考えて
家を建てる。

長い目で見ると健康にもよいし、環境にも良いということで
結果ローコストにつながっていくのではないでしょうか。

施主が山から直接木材を買い付ける、という
選択もよいかもしれませんね。

昔ながらの住まいの良さ

ローコスト住宅を購入するにあたり、
予算の範囲内でおさめる方法はいくつもありますが、
少し違った視点で考えてみることも面白いものです。

さて、最近の断熱材は性能が高いものも開発されており、
それによって私たちの住環境はとてつもなく快適なものになっています。

予算に余裕があるご家庭なら、もちろん断熱性能は高くしておくにこしたことはありません。

ですが、予算に限りがあるならば、予算を削って
また違った角度からローコストに近づくべく考察する必要があります。

ローコスト住宅のイメージは昔ながらの家。

断熱材を使わなくても、軒の深さや南北の風通しで
夏場でも涼しく、熱伝導率の低い天然木材の素地を使うことを検討するのも良いでしょう。

こういった天然木材は、冬場でも温かく感じられます。

暑さ寒さを断熱材で防ぐのではなく、
自然に近い設計をすることで住みやすくしていきます。

間取りについても考えてみます。

必要最低限の空間のみの間取りにしてしまうのも一つです。

たとえば、玄関を開けてすぐリビングという間取りはどうでしょう?

部屋と部屋の間には廊下があり、玄関を入ると当然廊下がある。

そういった考えを捨ててみることです。

そうすると建具ひとつ、壁ひとつ作らずに済みます。

子供部屋もいずれは必要なくなるものと割り切って、
寝室を家族全員が寝る部屋にしてしまうことで、
部屋数もぐんと減ります。

また、仕上材は使用しないという選択も
ローコストに仕上げる一つの方法です。

床も土間コンクリート、壁もベニヤ下地、天上は小屋裏素地。

ここまで削ると、本当に坪20万が実現できるレベルに近づきます。

こんなに色々削って大丈夫なのかと思われるかもしれません。

断熱材もない、仕上げも貼らない、土間はそのまま。

ですがこれ、昔ながらの家の造りなのです。

日本家屋の伝統的な工法を近代建材に変えただけのこと。

実際にこのような住宅に住んでみると、
夏場冬場の暑さ、寒さには苦労されるかとは思います。

でも、逆に日本の四季を感じることができ、自然に暮らせることの幸せや楽しみも同時に味わうこともできるのです。

快適な住宅だけが良い住宅とは限りません。

斬新な視点から住まいについて考察してみましょう。

取り入れたい日本の文化

今の住宅市場では、ハウスメーカーをはじめとして
おしゃれでモダンな外観の洋風住宅が幅を利かせています。

でも、それは本当に日本の気候にあった住宅なのでしょうか?

日本の気候や風土を考えると、
やはりその気候に適した空間づくりを目指すことが
住み心地の良さにもつながると思うのです。

そしてローコストにも結果的につながっていくのです。

では、日本の伝統住宅のよさとして挙げられるのは
どんなところなのでしょう?

それは、壁が少なく開放的であること。
風通しもよいこと。
自然素材で家をつくっていること。
床下にも薬剤を使っていない。
日よけと雨の対策がされていること。
庭など外の空間とのかかわりを大事にしていること。

などが挙げられるでしょう。

日本と欧米では気候も風土もまったく異なります。
日本のような雨による湿気はほとんど心配することは
ありません。

ですので、風通しについてはあまりよくありません。
また、開口部も少なく、外の空間ともあまりかかわりが
ありません。

また、欧米は空間を仕切る壁が多くみられる、石の文化です。

ですので、庭にも
石やレンガを敷き詰めたり、自然を人工的に
制御していたのです。

それに対して日本は、空間を細かく区切らずに大きな空間をうみだす
柱と梁の文化である、木の文化です。

高温多湿という気候風土であるので、湿気対策や
風通しをよくする必要があったのです。

庭についても、自然のもつ姿を人工的につくりだして
その景観を楽しんでいたのです。

こういったことをふまえながら
今の日本の住環境を考えてみると、
自分たちの家は住みやすい住宅になっているのでしょうか。

いま、和の住宅の良さを見直す時期が来ているのかもしれません。

自然とともに生きていくこと

昔の日本の建築において、最も大事だったのが、風通しでした。

日本では高温多湿にも関わらず、湿気を嫌う木材や、紙や藁で家が
造られていました。

夏には、当然エアコンはないため、住む人は風と日陰を頼りにしていました。

そのため、大きな空間をもつ室内ができ、
そして縁側を通して外部の環境とつながっていたのです。

しかし現代では、室内にあるたくさんの家具のために、
また洋風の建築の要素として、そしてエアコンの効率をよくするために
室内に壁が多くつくられるようになりました。

そのため、風通しは悪くなり、一年を通じてエアコンを使うようにもなり、
窓を閉めることも多くなりました。

つまり、外からの風を取り込むということが
現在では極端に減ってきたのです。

そういった影響から、
シックハウス症候群に繋がっていくこともあります。

今では、エアコンに頼る生活は当たり前になっていますが
それはそもそも良いことなのでしょうか。

高度成長以来、古いものや自然は徐々に壊され続けてきたとも言えます。

また、人々は風や光といった自然のものに敬意を払うことなく、
エアコンなどの人工的につくられた環境を
ひたすらに追い求めてきました。

その結果、住宅はどんどん高額になっていきました。

その問題と、どう向き合っていけばよいのでしょうか。

もともと人間は自然とともに生きてきました。

自然をうまく取り入れること、
風や光や太陽などが大事な意味をもつということを
少しずつでも認識しはじめたことは
とても大きな進歩です。

まず、自然の力を認識すること。

それが、長い目で見るとローコストに
繋がっていくということです。

吹き抜けのある空間

日本の住宅は広くはありません。

ローコスト住宅となればなおさらです。

しかし、狭い中でもできるだけ広く空間を確保したり
演出したりすることも可能です。

そのためには、空間の中に
縦の広がりと横の広がりを意識して作ると良いでしょう。

縦の広がりとは、吹き抜けのことをさします。

吹き抜けをつくることで、土地の面積が狭くても
部屋を大きくつくることが可能になりますし、
そのことによって風通しや換気もよくなります。

また、日当たりが悪い場合にも
吹き抜けを作ることで、高い窓から部屋の奥まで
日差しを入れることができます。

広い部屋を実現させるためには、他にもいくつか方法があります。

壁は必要最低限にする。
例えば、お風呂などの水回りや収納部分のみで
考えてみます。

また、建具もそのような場所に配置し
最低限度におさえます。

それから、天井からの垂れ壁をできるだけ作らないようにします。

こういったことを取り入れていくことで
コストの削減につながり、結果として
ローコストとはいえども広々とした解放感を味わえます。

加えて風通しのよい空間を体感でき、
家族とのコミュニケーションも密になることでしょう。

こういったことも踏まえて
心地よい空間のありかたについて考慮してみるとよいでしょう。

一本柱の家とは

ローコスト住宅を、家を建てる部材から考えてみましょう。

一本柱の家というのは、最低限の部材だけを採用したローコスト住宅。

同じ面積の家を建てる場合、少ない材料で家をつくるとすると、
その分だけコストを減らすことができます。

そうすると、家としての強度が心配になる方もいるでしょう。

一本柱の家というのは、強度を落とすことなく
成立しているのですが
その主な理由は次の通りです。

風や地震の横揺れを支える耐力壁は、
四方を取り囲んでいる外壁が担当します。

家の構造上、必要な柱が少ないと、
壁も少なくて済みます。

材料が少ないと、工期も短くなるので
職人の手間代が減らせます。

こういった理由で、一本柱の家は
ローコストでいい家になります。

また、一本柱と四本の梁は、そのまま露出して
使うので、日本独特の家屋の構造となり、
そのまま演出としての表現にもつながります。

シンプルですがオシャレな大空間の出来上がりです。

このように、ローコスト住宅を建築構造から考えてみると
面白いかもしれません。