ローコスト住宅の役割とは

ローコスト住宅の購入を考えている方は、
資金繰りを心配している方もいるのではないでしょうか?

できる限り安く住宅購入費を抑えたいと考えている人が
ほとんどかもしれません。

ですが、購入時の金額のみを考えて
ローコスト住宅を視野に入れていませんか?

コストは家を建てて終わり、では
当然ありません。

かかってくるコストは購入時(初期コスト)と、
購入後のランニングコストの二つがあります。

コストを積み重ねていくと、初期コストでは安かった物件よりも
数十年後のトータルコストでは別の物件のほうが
安かったという結果もあり得ます。

要は、どちらで節約のタイミングをとるか?です。

そこで大事になってくることは、
どんな家を建てたいのかを明確にし、
そのイメージのままのものを、
規格住宅もしくは標準仕様で建てられる会社をみつけることです。

それでも、核となる部分(住宅性能を下げる、断熱材を減らすなど)の
コストカットはおすすめできません。

肝心要の部分は譲らず、コストカットできる部分を見極めて
予算を削ることができればよいですね。

後悔しないようにローコストを建てるために、
いくつか提案があります。

良いと思うものを取り入れて、ローコスト住宅を
建てる際の参考にしていただければと思います。

ローコスト住宅は間取りもあらかじめ決められています。
(変更は可能な場合が多いです)

特に間取りにこだわりがない方の場合は、
最初からベストな間取りを提案してもらったほうが、
失敗もなく満足家づくりを叶えられます。

注文住宅で設計を進めていると、
ついついあれこれと要望が出てきてしまうものです。

ですから、設計の最初の段階で自分の要望の整理をしておくのが望ましいです。

現在の住まいではなにが不安なのか、
新しい住まいには何を求めるのか、ご家族で話し合ってみることを
お薦めします。

また、ローコストで住宅を建てるために、
販売価格の内訳を必ずチェックしておきましょう。

そして、こだわりたいところは妥協しないことです。

価格を抑えることだけをポイントにしてしまうと、
住み始めてから何か空虚感を感じてしまうかもしれません。

自分がこだわりたい部分は妥協せずに
費用をかけることで、こういったことを防ぐことができます。

ぜひ、家族一人ひとりのこだわりをリストアップしてみて下さい。

”高齢の母が楽に入浴できるように、お風呂の設備にはこだわりたい”
”趣味の部屋を充実させたい”など、色々あるかと思います。

それぞれの譲れないポイントを書き出して整理することで、
妥協せずにどこに費用をかけるべきなのか
だんだんと見えてきます。

多くの方が、35年の住宅ローンを組むことになるかと思われますので、
もっとこうしておけばよかった、と後悔して暮らし続けたくはありませんよね。

また、家を建てる前には、必ず必要となる修繕費用などの
メンテナンス費用についても確認し、
計画的に資金計画をするといいでしょう。

ローコスト住宅を選択することの利点はたくさんあります。

ローンが家計を圧迫しない、家族が笑顔で暮らせる金額で建てられる家。

家族がそれぞれ笑顔で暮らすには、
それぞれの趣味や特技も生かした生活を送りたいものです。

好きな洋服やグッズ集めなど個人の趣味も楽しみたい。

家だけにお金を費やしたくないですよね。

家も暮らしも大切にしたい。

住宅ローンの支払いで生活が手いっぱいになると、
子供の学費や固定資産税などの資金の確保が難しくなるだけでなく
普段の生活においても、たまの外食にも気軽な気持ちでいけなくなって
しまうかもしれません。

家と会社の往復になってしまっては、
マイホームで思い描いていた暮らしの楽しみが半減してしまいますよね。

昔とは違い、高品質・ローコストが今どきのローコスト住宅です。

また、こういう考え方はいかがですか。

家族のカタチに合わせて、家も変化をしていくもの。

老後を考え極力1階で過ごせる間取りにリノベーションしたり、
子供が巣立った時に夫婦だけ暮らすには広すぎると、
住み替えも選択肢に入ってくるかもしれません。

そのためにも、自分の財産の余裕がないくらい、
家のローンにお金をつぎ込むのではなく、
次のステージも見据えて、日々の暮らしを楽しみながら
資金も確保しておくと心強いですね。

それぞれの変化に応じれるように、
無理のない資金で日常を楽しむ。

こういったことを視野に入れた時、
ローコスト住宅は十分な役割を果たすのではないでしょうか?

住宅の購入前には

家を建てる際の優先順位、
土地を優先するのか、建物ありきなのか、
間取りなのか。

建売とローコスト注文住宅の値段がそこまで変わらないので、
必要なところにオプションを付ければ
理想に近い家は建てることができます。

そこで、ローコスト住宅を建てようと思った場合
いくつかチェックしてほしいことがあります。

まず、坪単価に含まれている内容を確認することがポイントです。

というのも、建材や設備関係はメーカーの中でも
グレードの低い商品を標準仕様としているところが
多いという現状だからです。

また、耐震ダンパーのように、
それがなくても家を建てることができるようなものについては、
建築費にふくまれていないことがほとんどです。

ですから、坪単価には何が入っているのか、
グレードについてもどの程度の商品が入っているのか、
加えてグレードをあげたいときに変更が可能なのか。

そういったオプションに注意します。

イレギュラーなもの(例えばキッチンのグレードをアップするなど)は、
価格の仕入れ値の掛け率の縛りがないため、
オプションを付けると一気に値段が跳ね上がってしまいます。

オプションで購入すると通常の掛け率になってしまうため、
もともと安く設定してる標準のキッチンからの価格差に
愕然となってしまう、ということになるのですね。

ですから、標準外の仕様については価格が上がる可能性がある、
ということを頭においておいてください。

ローコストに収めたいはずが、
どんどん金額が増えていく、、といったことを
避けるためにも、以下のことにトライしてみてください。

自分たちのしたいことが(夢が)標準仕様にない場合、
必ずそのことをオプションで実現するよう伝えること、
その際には全体の値段も把握するために価格を出してもらうことが大切です。

また、自分たちがしたいオプション関係を事前に決めておくこと。

逆に言うと、何もオプションを付けないで建てると
建築費は安く済ませることができますが、
オプションを何もつけないで家を建てるということは
ないでしょう。

また、住宅会社側が間取りのプランをどれだけ用意しているのか、
間取りをどれだけ動かすことができるのかも確認しておきます。

建てる土地にあわせようとすると、どれだけいい間取りでも
採用できない可能性も十分ありえます。

それを避けるためにも、できるだけ多くの
間取りプランから選べたほうが良いでしょう。

それから、モデルハウスや完成見学会に足を運んでみることも
お薦めします。

なぜなら、写真で見る家や内装と、本物は違うからです。
例えば、ネットで服を購入した場合でもそう感じたことはありませんか?
服のイメージと、自分が服を実際着た感じでは違いますよね。

それと同じで、この設備が良い!と思っても
実際見てみると印象が違うこともあります。

その会社の建てた家を実際に見て、建材や設備はどんな感じなのか
リビングや各部屋の広さはどうなのか
ご自分の目で見て確かめてみて下さいね。

また、予算に関してですが外構までしっかり予算を残しておいて下さい。
カーポートやポスト、表札の予算まで提示してもらうと良いですね。
家の価格の一割くらいを、外構の予算として取っておくとベターです。

以上のことをふまえてローコスト住宅の購入に
進んでみて下さい。

建築現場に足を運ぼう

今回は、住宅基礎についてです。

住宅基礎は、建物の中で一番お金がかかる部分です。

ここがしっかりしていないと、
家が傾いたり基礎が崩れたりする可能性があります。

その重要度は、ローコストといっても普通の住宅と変わりません。

では、その住宅基礎。
(※ぜひ、ご自分の家を建てている建築現場に足を運んでみてくださいね
!)

基礎のどこをみればいいのかというと、
基礎のもとがしっかり固定されて、
基礎の高さと配筋がしっかりしているかどうかです。

また、鉄筋が適正な量配筋されているかどうかもチェックする必要があります。

基礎が高い理由は、水害や風害などを防ぐためです。

基礎作りを少し詳しく見ていくと、
まず、根切りと呼ばれる工程(土地を掘削する作業)を行って
基礎を形成する土地を作っていきます。

掘削後、その穴の部分に石を詰める作業が次の工程になります。

この工程を、砕石といいます。

この、砕石の厚みが大事で
60ミリくらいの高さがあるのか確認します。

砕石は、地盤を平らにするという役割がありますが、
平らかどうかは目で見て確認します。

これが平らでないと、型枠が水平垂直に設置できなくなるなど
不具合が生じてきます。

また、配筋もぜひ目視でチェックしてみてください。

基礎の全体を見回して、配筋の曲がりがないか
たわんでないか、垂直に施工されているかを目視で確認します。

また太さも確認しますが、太い配筋(13ミリの配筋)、
また細いもの(10ミリの配筋)など、部分的にチェックすれば大丈夫です。

配筋がきれいに並んでいるのか、
全体を見てチェックすることも大事です。

なかなかそういった時間が取れない方には、
現場の監督に、写真を撮って提出をお願いすると
良いかと思います。

建設会社に家を建てる依頼をする前に、
どういう基礎をつくる会社なのかを確認するのも、一つの手ですね。

チェック項目はまだありますが、
まずは実際に足を運んでこういった内容を目視で確認していく工程を踏むことで、家に実際に住まう時の愛着度合いも変わってきますよ!

これはいらない、住宅設備

新築住宅の設備ですが、
営業マンの勧めに流されて安易に決めていませんか?

以下のような設備については
むしろ不要だということを、今回はお伝えしたいと思います。

まず、リビング階段です。

リビング階段は最近の流行りでもあり、
スタイリッシュでオシャレな感じがしますよね。

スケルトン階段にしたりなど
階段は目につくため、来客があっても目をひくでしょう。

ですがデメリットとしては、冬に寒いということが挙げられます。
一階はオープンスペースとなってしまうため、
暖気は二階に流れてしまいます。

また、一階も二階も中途半端に暖かくなってしまうため
無駄に電気代をつかってしまうことに繋がります。

加えて、プライバシーが守りにくい点や
音が響いてしまう点が挙げられます。

集中したい環境に身を置きたいときには
逆に迷惑になってしまう設備でもあります。

それからお風呂の窓ですが、
一見解放感があって、湿気もたまらないように感じられます。

ですが、実際は窓があることで結露がたまりやすく、カビの原因になります。
ですので、余計な掃除の手間が増えることになります。

窓があることで冷気が入り込んでしまうので、
断熱性が下がってしまいます。

また、窓の外につけるシャッターも
近頃ではオプションになっていることが多く見受けられます。

最近の窓は、窓自体が優秀で、窓がシャッターの代わりになっています。

割れても飛散しにくく、台風などの防災にも効果があります。

防犯ガラスは一枚あたり3万~5万円です。

普通のシャッターだと一か所あたり8万~15万円になるので、
防犯ガラスにするとかなり安上りとなります。

窓は家には当然いくつかあるものと予想されるので、
窓にシャッターをつけるか防犯ガラスを取り入れるかによって
金額面に大きな差が出てきます。

では、小あがり和室はどうでしょうか?
小あがり和室とは、床面に高さを設けて小上がりになった
和室のことを指します。
立体感のある空間を演出でき、魅力のある空間を作り上げることができます。
ですが、ロボット掃除機では掃除が部屋全体まかなえないため、
時短家事ですませたい方にとっては、手間増えることになります。

また、畳はダニが繁殖しやすいので、アレルギーリスクもあがります。
高低差があるため、つまずいたり、落ちたりする危険性もあります。
金額的には、3畳で15万ほどかかります。
ここも、設備として取り入れるかどうかは検討の余地がありますね。

それから、屋根裏収納(天井と屋根の間のスペース)について
考えてみましょう。

ここのスペースは、建築基準法では
最高でも高さは1.4メートルなので、
大人はしゃがまないと使えません。

狭い空間にはしごなどを使って、物を運ぶのは骨が折れてしまいます。
また、夏場は非常に暑くなってしまう空間でもあります。
子供が遊ぶには、熱中症対策が必ず必要です。
断熱材をいれたりなど、
対策を施すことで快適に過ごせるようになりますが、
金額もその分アップするため、本当に必要か見当が必要ですね。

では、天窓(屋根に取り付けられた窓)はどうでしょうか。
隣の家が気になるくらい密集している地域では、
日当たりがとれるところに窓が設置できないケースがあります。
こういった場合に天窓をつけるケースがあります。

一つの窓を設置すると、普通に壁にある窓の3倍の光が入ってきます。
ですが、裏を返せば日当たりが良すぎることに繋がります。
夏の直射日光はきつく、
窓周りの目地などの劣化も早くなります。
また、家の中でも高いところにあるため掃除が大変です。

それから、見た目が豪華に見えるウッドデッキ。
ウッドデッキはは洗濯物を干したり、
子供が遊ぶスペースができたり
またバーベキューを楽しんだりできるなど、
利点もたくさんあります。

ですが、こまめなメンテナンスが必須です。
これを怠るとウッドデッキが腐ってしまいます。
また、ウッドデッキ自体使う季節が限られるのも難点です。

まずは使用用途を明確にして、あまり使う頻度もなさそうならば
他の外構に予算を回したほうが賢い選択といえます。

このように、良いオプションかどうかはその人しか
判断できません。

以上を参考に、建てる家がローコストにつながる
選択ができているのか、考えるきっかけにしてみてください。