取り入れたい日本の文化

今の住宅市場では、ハウスメーカーをはじめとして
おしゃれでモダンな外観の洋風住宅が幅を利かせています。

でも、それは本当に日本の気候にあった住宅なのでしょうか?

日本の気候や風土を考えると、
やはりその気候に適した空間づくりを目指すことが
住み心地の良さにもつながると思うのです。

そしてローコストにも結果的につながっていくのです。

では、日本の伝統住宅のよさとして挙げられるのは
どんなところなのでしょう?

それは、壁が少なく開放的であること。
風通しもよいこと。
自然素材で家をつくっていること。
床下にも薬剤を使っていない。
日よけと雨の対策がされていること。
庭など外の空間とのかかわりを大事にしていること。

などが挙げられるでしょう。

日本と欧米では気候も風土もまったく異なります。
日本のような雨による湿気はほとんど心配することは
ありません。

ですので、風通しについてはあまりよくありません。
また、開口部も少なく、外の空間ともあまりかかわりが
ありません。

また、欧米は空間を仕切る壁が多くみられる、石の文化です。

ですので、庭にも
石やレンガを敷き詰めたり、自然を人工的に
制御していたのです。

それに対して日本は、空間を細かく区切らずに大きな空間をうみだす
柱と梁の文化である、木の文化です。

高温多湿という気候風土であるので、湿気対策や
風通しをよくする必要があったのです。

庭についても、自然のもつ姿を人工的につくりだして
その景観を楽しんでいたのです。

こういったことをふまえながら
今の日本の住環境を考えてみると、
自分たちの家は住みやすい住宅になっているのでしょうか。

いま、和の住宅の良さを見直す時期が来ているのかもしれません。

自然とともに生きていくこと

昔の日本の建築において、最も大事だったのが、風通しでした。

日本では高温多湿にも関わらず、湿気を嫌う木材や、紙や藁で家が
造られていました。

夏には、当然エアコンはないため、住む人は風と日陰を頼りにしていました。

そのため、大きな空間をもつ室内ができ、
そして縁側を通して外部の環境とつながっていたのです。

しかし現代では、室内にあるたくさんの家具のために、
また洋風の建築の要素として、そしてエアコンの効率をよくするために
室内に壁が多くつくられるようになりました。

そのため、風通しは悪くなり、一年を通じてエアコンを使うようにもなり、
窓を閉めることも多くなりました。

つまり、外からの風を取り込むということが
現在では極端に減ってきたのです。

そういった影響から、
シックハウス症候群に繋がっていくこともあります。

今では、エアコンに頼る生活は当たり前になっていますが
それはそもそも良いことなのでしょうか。

高度成長以来、古いものや自然は徐々に壊され続けてきたとも言えます。

また、人々は風や光といった自然のものに敬意を払うことなく、
エアコンなどの人工的につくられた環境を
ひたすらに追い求めてきました。

その結果、住宅はどんどん高額になっていきました。

その問題と、どう向き合っていけばよいのでしょうか。

もともと人間は自然とともに生きてきました。

自然をうまく取り入れること、
風や光や太陽などが大事な意味をもつということを
少しずつでも認識しはじめたことは
とても大きな進歩です。

まず、自然の力を認識すること。

それが、長い目で見るとローコストに
繋がっていくということです。

吹き抜けのある空間

日本の住宅は広くはありません。

ローコスト住宅となればなおさらです。

しかし、狭い中でもできるだけ広く空間を確保したり
演出したりすることも可能です。

そのためには、空間の中に
縦の広がりと横の広がりを意識して作ると良いでしょう。

縦の広がりとは、吹き抜けのことをさします。

吹き抜けをつくることで、土地の面積が狭くても
部屋を大きくつくることが可能になりますし、
そのことによって風通しや換気もよくなります。

また、日当たりが悪い場合にも
吹き抜けを作ることで、高い窓から部屋の奥まで
日差しを入れることができます。

広い部屋を実現させるためには、他にもいくつか方法があります。

壁は必要最低限にする。
例えば、お風呂などの水回りや収納部分のみで
考えてみます。

また、建具もそのような場所に配置し
最低限度におさえます。

それから、天井からの垂れ壁をできるだけ作らないようにします。

こういったことを取り入れていくことで
コストの削減につながり、結果として
ローコストとはいえども広々とした解放感を味わえます。

加えて風通しのよい空間を体感でき、
家族とのコミュニケーションも密になることでしょう。

こういったことも踏まえて
心地よい空間のありかたについて考慮してみるとよいでしょう。

一本柱の家とは

ローコスト住宅を、家を建てる部材から考えてみましょう。

一本柱の家というのは、最低限の部材だけを採用したローコスト住宅。

同じ面積の家を建てる場合、少ない材料で家をつくるとすると、
その分だけコストを減らすことができます。

そうすると、家としての強度が心配になる方もいるでしょう。

一本柱の家というのは、強度を落とすことなく
成立しているのですが
その主な理由は次の通りです。

風や地震の横揺れを支える耐力壁は、
四方を取り囲んでいる外壁が担当します。

家の構造上、必要な柱が少ないと、
壁も少なくて済みます。

材料が少ないと、工期も短くなるので
職人の手間代が減らせます。

こういった理由で、一本柱の家は
ローコストでいい家になります。

また、一本柱と四本の梁は、そのまま露出して
使うので、日本独特の家屋の構造となり、
そのまま演出としての表現にもつながります。

シンプルですがオシャレな大空間の出来上がりです。

このように、ローコスト住宅を建築構造から考えてみると
面白いかもしれません。