家を建ててから解体する、そのことについて考えることは
少ないかと思います。

新築をする際には、もし古い家屋が残っている場合には、
解体費用も見込まなければなりません。

解体費用が別だとしても、新築時には必要な費用となっています。

解体費が安いと助かりますが、なかなか難しいところでもあります。

そもそも、産業廃棄物は現在では簡単に捨てられなくなってきています。

解体コストの多くは、廃棄処分費です。

そう考えると解体で出るごみもそうですが、建築中に出るごみも
大量です。

これでは、環境に負荷をかけてしまうことになってしまいます。

また、ごみは今では簡単に捨てられなくなってきました。

このままの建築方法や処分方法のままでは、ごみは増え続けていってしまいます。

これは環境にとっては負の力になります。

そのほか環境面でいうと、実は家の再利用も模索されています。

そうなると、材料のリサイクルも大事になってきます。

その意味で、昔の土壁は、リサイクルに適した材料でした。

例えば解体時に出た土壁は、まとめられて、またこねられて
また新たな壁として塗り替えることが可能でした。

こういった環境のことも配慮して考慮すると、
解体しなくてもいい、長く寿命が持つ家というのが、
一番のローコストですね。

 

© 2020 ローコスト住宅まとめ福岡県版