家を安く建てられるのは嬉しいものです。

ですが、せっかく建てた家の中で快適に過ごせなかったりすると、
何だかやるせないですよね。

ローコストで住宅を建てたのなら、やはり快適に暮らしたいもの。

安物買いの銭失い、というのは避けたいところですね。

では、ローコスト住宅で快適に暮らすにはどうしたらよいのでしょうか?

ローコスト住宅にする場合、まずは色使いはシンプルに。

これを心がけることで、家の中がスッキリとキレイにまとまりやすくなります。

家の内装のグレードは、見た目の質感に大きく影響してきます。

たとえば木目調であれば、グレードの高い方が本物の木のように見えますね。

グレードが下がると、本物感は少なくなってしまいます。

また、中途半端な色使いのものを使ってしまうと、一気に部屋全体が安っぽく見えてしまいます。

これがローコスト住宅で多い失敗でもあります。

では、どうすれば部屋の中がスッキリ見えるようになるのか?

一例を挙げると、たとえば床材以外は白に統一するという方法があります。

なぜなら、白や黒など色がハッキリしているものは、
グレードが変わっても見た目が変わりにくいからなんです。

白や黒を使うことでグレードの影響を受けづらくなるのが、ポイントです。

部屋に余計な色を入れずに、シンプルにすることでスッキリした雰囲気を作ることができます。

また、置く家具やインテリアで好きなようにアレンジすることができるようになります。

中途半端に色は使わずできるだけシンプルにする。

ローコスト住宅にする場合、こういった部分を意識してみると、
快適に暮らせる環境により近づけていくことができます。

© 2020 ローコスト住宅まとめ福岡県版