自宅を購入し、子供もそこで成長していくとなると、
子供部屋をどうするのか、きっと話し合う機会が出てくるでしょう。

子供部屋を作ってあげたいと思う親もいれば、
子供部屋はいらないという親もいます。

狭いながらも楽しい我が家、というフレーズも聞きますが、
家が狭く個室をとる余裕がなくても、みんなが寄り集まって暮らせることも
悪くはないのではないでしょうか。

個室を作らないことで、コミュニケーションが程よくとれる利点もあるかと思います。

個室をつくらない=増改築の費用も掛からない
ということで、建築費をローコストに抑えられることにも繋がっていくでしょう。

そもそも、増改築しないような家づくりをすることも大事です。

家を建てた後では、子供だけでなく、家族それぞれにおいても
様々な変化があります。

高齢化は避けられないことですし、家族の誰かが病気になってしまうことも
ありえます。

家族の変化に応じてその都度家を増改築すると、
コストがかさんでしまうので、初めから色々なことに
対応できるようにあまり作りこまないことも大事です。

このようにして考えていくと、ローコストに焦点をおいて考えれば、
可能な限り人間のほうが合わせていくということも、
一つの方法ではあります。

増改築のコストは本当にいま、必要なのか?

視点を変えてみて考えるのも一つの方法ですね。

© 2020 ローコスト住宅まとめ福岡県版