あこがれのマイホーム。

まず、自分の思い描く”マイホームに求める条件”をノートにすべて書いてみることをおススメします。

そして、そこでの住み心地を考えた優先順位をつけてみましょう。

それから、予算に応じた規格住宅を比較したり、検討するといいですね。

こうした作業を通じて、マイホームの価格と住み心地のバランスを考えていきます。

そうすると、最終的には高い満足感を得られるでしょう。

では、実際にローコスト住宅を視野に入れる時は、どんな時でしょう。

結婚、出産、進学、、転勤、定年、病気、介護などなど。

今よりももっと心地よい暮らしを模索するとき、選択肢の一つとして

ローコスト住宅を考慮するかもしれません。

また、建築時の費用を抑えることで、将来的なリフォームや増改築のための資金を用意しやすくなります。

そのため、二世帯住宅へ増改築する場合などでも対応しやすくなります。

人生における、さまざまなライフイベントの変化。

ローコスト住宅を選べば、そんなライフイベントの変化にも対応しやすくなります。

© 2020 ローコスト住宅まとめ福岡県版